クライアントの深い想いを カタチとして表現します

<病院、診療所、薬局>
亀森レディースクリニック


医療のアメニティ、機能、環境をトータルにデザインします

 患者様が心から癒され、早期に健やかな生活を迎えるためには、高い医療技術とクリニックの好環境が何よりも大切なものと考えています。環境の基礎となるのは、患者様の心と身体を包む心地良い空間と、ホテルのようなホスピタリティ、おもてなしの心です。私たちは、建物の外観はもちろん、待合室のしつらい、陽の光や風の流れ、照明計画、身体をあずけるソファに至るまで、「心地良い空間、環境をデザインする」という設計コンセプトのもと、空間を創造します。
 こうした想いは、患者様の健康を思われるお医者様も同じはず。クライアントであるお医者様の想いをしっかりと受けとめ、的確なご提案をし、これまでに、87件の医療施設を「感動空間」としてカタチにして参りました。医療の場として、機能性を重視、満たすだけでなく、常に患者様の立場に立ちながら、快適な空間が求められます。違和感のない中で、非日常の空間として、既成概念から一歩踏み出すことも大切な事です。

受付、エントランスホール。
ホテルのような雰囲気でおもてなしのお出迎え



待合ホール。胎内と時の流れを表現しデザイン

心やすらぐ豊かな環境を創ります

 ひとりでも多くの患者様が、「この病院・クリニックのおかげで元気になった」と思って下さるような「心から癒す」おもてなしの医療施設設計に取り組んでおります。待合室に患者様の談笑が溢れ、心やすらぎ、穏やかな気持ちで過ごして頂ける空間創りを目指し、今後も医療施設の研究、技術を重ね、医療建築のインテグレーターとして愛と情熱を傾け、感動ある創造的なプランニング、デザイン、設計監理をして参ります。

出産の喜びをステータスある空間で迎えて頂くよう病床のイメージを一新

みんなが笑顔になれる環境空間を創ります

<高齢者福祉施設、障がい者施設、児童養護施設>
毎日の笑顔が飛び交う福祉施設を創る

 「福祉施設とは誰もが笑顔でいられる毎日を創る場所である」
 この言葉は、弊社代表渡辺有規によるものです。
 このシンプルで明快で壮大な理念を胸に、私たちは建物の設計という形で、誠意を持ってお手伝いをさせていただきます。住まいなのか、泊まりに来るのか、遊びに来るのか、療養をするのか、その形態は多様であれ、必要なのは、楽しいこと、元気が出ること、そして、利用される方々とそこで働く方々の笑顔が飛び交うこと。
 利用者様と職員の方の動線計画、目線、光、風、設備環境、空間など、あらゆる条件が重なりあって、笑顔が生まれ、日々続く笑顔を持ち続けることができます。

入所者の皆様が集う心地よいラウンジ



外光をふんだんにとりこみ、明るく笑顔が溢れるキッチン・ダイニング

高齢化社会の中で明るく過ごせるように

 それは、ほんの数ミリの段差のない床かもしれない、さりげなく壁に添えられた手すりかもしれない、あるいは、温かく迎えるエントランス、窓からやさしく入る太陽の光、職員の方と利用者様の目があった瞬間、そこで生まれる笑顔を想像しながら、私たちは建物を創ります。
 日本の未来の姿のひとつに高齢化社会があります。そういう社会も、みなさんが笑顔で明るく過ごしている姿を思い描きながら、高齢者の方も、障がい者の方も、子どもたちも、職員の方も、みんなが笑顔で居続けられる未来を創ること、私たち福祉施設研究プロジェクトの仕事であり、夢なのです。

吹き抜けがさわやかな中庭



笑顔で過ごせる施設を創ることが願い

(渡辺有規 福祉施設研究プロジェクト スタッフ一同)
株式会社渡辺有規建築企画事務所

〒321-0968 栃木県宇都宮市中今泉3丁目7番15号ark’s
TEL 028-610-8833 FAX 028-610-8810
URL http://www.warp-jp.net

はてなブックマーク - クライアントの深い想いを カタチとして表現します

このページの先頭へ